メニュー

多焦点眼内レンズ

2020年4月より多焦点眼内レンズを用いた白内障手術費は保険診療となります

白内障で濁ってしまった水晶体の再建には手術による眼内レンズ交換が有効です。その際に使用される人工レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種があり、そのうち多焦点眼内レンズについては厚生労働省より先進医療扱いと指定されておりました。そのため手術を希望される患者さんにおかれましては今まで全額自費診療(もしくは、先進医療特約保険に入られている方は保険会社から給付)となっておりましたが、2020年4月より手術費については保険診療へと変更になります。白内障に悩む患者さんにとっても、治療に対する検討機会に広くつながることとなれば幸いです。

多焦点眼内レンズとは

ものを見る際には、眼の中にあるレンズがピント調整の役割を担っています。加齢や長年の紫外線の蓄積により、その大切なレンズ部分が黄白色や茶褐色に変色してしまい、視界が見えづらくなってしまう病気を白内障と言います。治療としては手術にて、レンズ部分を人工のものに置き換えることで改善を図ることが期待できます。その際に多くの患者さんがご検討される「多焦点眼内レンズ」と呼ばれるものがあります。多焦点眼内レンズは遠くの風景と手元近く、またはその中間距離にあるものなど、自分の見たいものの距離に対してピントを自在にあわせることができる高機能なレンズです。眼鏡が不要なかつてのような快適な生活を取り戻すことが可能となり、生活の質向上にも期待が高まるものです。

先進医療から選定療養へ

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は高度な医療技術を必要とする治療であるため、厚生労働省は長く先進医療と位置付けていました。しかしながら、希望される患者さんの数は年々増加し、それに伴い治療技術も症例数もある程度確立された治療となってまいりました。そんな背景もありつつ、今回の改定で先進医療から除外され、「選定療養」という枠組み内での治療へと変更になりました。

選定療養とは

追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療をあわせて受けることができる制度です。今回で言えば、多焦点眼内レンズそのものの料金は自己負担となりますが、手術費用に関しては保険が効くようになったということです。

手術費用の目安

白内障は症状においても個人差が大きな上に、ご本人の見え方のご希望によってもさまざまに異なります。そのため費用は一概には言えませんが、多焦点眼内レンズを使用した手術費用として、従来では約15万円程度が必要と考えられていました。しかし今回の改定により、手術費用については保険適用となったことで1割負担の方であればおよそ1万数千円程度、3割負担の方であればおよそ3万数千円程度で治療を受けられることとなります。(

自己負担となる多焦点眼内レンズの目安

ピントをあわせる場所を「遠」「近」どちらか一方に定める単焦点眼内レンズに比べると、2か所以上のピントがあう多焦点眼内レンズは高機能です。そのぶん価格も高くなりますのでご了承ください。

  • 2つの焦点距離を持つレンズ(遠・近):143,000円
  • 3つの焦点距離を持つレンズ(遠・中・近):198,000円

例えば、手元で行う細かな作業(近)だけでなく、日常的に車の運転(遠)やパソコンでの仕事(中)が多い方などは多焦点眼内レンズの良さを直接的に体感することができます。その一方、単焦点眼内レンズの場合には遠くにピントをあわせることが多いため、手元の細かな作業を行うときや手元60cm程度の距離で新聞や本などを読まれる際などには、別途近くを見るための眼鏡などをお作りいただいて視力を補う必要がありました。しかし、多焦点眼内レンズでは遠くと近く、さらに中間地点と自在にピント調整が可能なため、常に眼鏡を携帯しなければならないわずらわしさからも解放されます。多焦点眼内レンズは私たちの日常生活において大変便利に感じられるレンズです。ご自身の眼の状態とライフスタイルにあわせて、ぜひご検討いただければと思います。

白内障手術はもっと身近な存在へ

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は今まで自由診療であったこともあり、金額面で遠慮される患者さんも決して少なくありませんでした。しかし今回の改定により、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術はもっと身近な治療となっていくことでしょう。元のようなクリアな視界が手に入れられるだけでなく、眼鏡を使用しないかつての快適な生活を取り戻せるチャンスにもなります。

ものが見えづらい生活を続けることは想像以上に大きなストレスとなってしまうから―

白内障は老いと共に誰しもがかかる可能性のある眼の病気です。濁りを増した水晶体は今後自然に治ることはありません。ものが見えづらい状態が長く続くことは、ご本人の身体にとっても多大なストレスとなって襲いかかります。早期に適切な治療を施せばまた元のようなクリアな視界が取り戻せます。白内障手術は日本において年間100万人以上の方が受けられている治療です。安全性も比較的高い手術法ですので、過度にご心配いただく必要もありません。すでに気になる症状をお感じの方、まずは検査を受けてみたい方などはぜひこの機会にご相談いただければと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME